試験

資格の大原で税理士講座を申し込んだ7つの理由

税理士資格取得に向けやる気がMAXの山本です。税理士試験終了後は皆さんも同じではないでしょうか?

昨日、数ある専門学校の中きら資格の大原に2019年度の受講申し込み(消費税)を行ってきました。何故大原を選んだのかをまとめて行きたいと思います。

まだ、どの専門学校にするか迷われている方がいたら参考にしてください。

理由①:勤務先から近い

講義内容、テキスト云々の前に通学の利便性が高いか低いかを確認しました。

仕事しながらの通学のため時間の無駄をなくすため、出来るだけ近い学校を選びました。

基本的に人間は誘惑に良い生き物なので、仕事が忙しいとか色んな理由をつけて楽をしてしまいます。言い訳して休む事だけはしたくないんですよね。

理由②:面談でスケジュール管理してもらえる

大原は定期的に個別面談があり、その時々の勉強の進捗状況の確認や相談ができるので、時間管理の下手な私にはとてもありがたいです制度です。

簿記論・財務諸表論を同時に合格した際も月に2回相談にのってもらっていたので最後まで無理なくスケジュール管理をする事が出来ました。

理由③:時間の達人シリーズを格安で受ける事ができる

初学者一発合格コースを受講すると時間の達人シリーズを格安でフォローすることができる点は大きいです。

時間の達人シリーズ

約3時間の各授業内容を60分にまとめたシリーズ。対応科目は下の5科目が対応しています。

  • 簿記論
  • 財務諸表論
  • 法人税
  • 相続税
  • 消費税

初学者一発コースなら9,800円で追加できるので電車の移動時間や隙間時間に復習予習ができそうです。

理由④:テキストの持ち運びが楽

大原のテキストはルーズリーフタイプになっていて必要な箇所のみの持ち運びができて楽です。

講義が進めば論点ごとにまとめる事ができるので論点ごとの復習がとてもやりやすいです。

理由⑤:振替受講がしやすい

仕事の都合でどうしても授業に出る事ができない場合に振替受講する場合があると思います。

大原だと振替受講できる学校が多いのが特徴です。

私の場合関西なので、神戸・梅田・新大阪・難波の4ヶ所から選ぶ事が出来るので選びたい放題。

講師も同じ方がされるので安心です。(一部中継授業になりますが)

理由⑥:官報合格率が高い

一番気になるところの合格率についてですが、大原はダントツで合格者数が多いです。

官報の掲載合格者の60%超が大原の卒業生となっています。

分母が大きいので合格者の占有率が高くなるのは当たり前ですが、それだけ大原を選んでいる人が多い。大原の講義内容で十分合格率に持っていけるということです。

結局あとは自分の頑張り次第なんですよね。

理由⑦:継続割引の適用で少し安くなる

ここはあまり気にしてはいないですが、大原だと継続割引を受けることができました。

5%の割引を受けることができたので、消費税の初学者一発コース152,100円が144,400円になりました。

もちろんクレジットカードで一括払いしたのでクレジットカードの2%分のポイントもついたので、実質141,500円でおさまりました。

まとめ

いろいろと私が資格の大原を選んだ理由をまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか?

まぁ、どんな良い授業受けても復習しなければ無駄金になるので一年間死ぬ気で頑張っていきたいと思います。

定期的に勉強の進捗状況なども公開していきたいと思います。

ABOUT ME
山本 尚安
39歳で完全未経験から会計業界へ転職。転職ノウハウ、会計の仕事、税金について記事を書かせて頂いています。